三十路のロードバイクや本などの趣味についての日記

三十路の男が引っ越しを切っ掛けに趣味のロードバイクと、時には好きな本について綴っていきます。

三十路がロードバイク(といろいろ)始めました その42

ども、投稿者です。

 

最近いきなり熱くなりましてね。というか、関東はひっそり梅雨明けしていたとか・・・。まあ、ジメジメで洗濯物が乾かないのよりはいいんですけどね。

f:id:rdjt2xk5kg208:20180703223232j:plain

 

 

話は一気に変わりますけど、以前の投稿でオシャレなメーカーを書いた際に、ほぼ(というか完全だったような)イタリア系になってました。

 

でもイタリア系以外にもハイスペックだったり、カッコ良かったりするメーカーはあるんです。例えば投稿者の持っているロードバイクブランド『SPECIALIZED(スペシャライズド)』は上位グレードモデルS-WORESというものすごくカッコイイものがあります。

まあ、投稿者の乗っているのはスペシャライズドのRoubaix(ルーベ)なんですけどね・・・。

 

それでも十分カッコいいと思うんだ!!(`・ω・´)

 

ほかにもいろいろなメーカーがありますので、今回はそれらを紹介していきたいと思います。

 

まずは投稿者も愛用している『SPECIALIZEDスペシャライズド)です。

キャノンデールやトレックとともにアメリカを代表するメーカーです。2014年にツール・ド・フランス制覇の実績がある高い技術力は本物です。

ペーター・サガンマルセル・キッテルが乗っていたこともあるのでブランド力も高いです。

ほかにも、トレーナーや帽子なんかも出しています。シンプルなデザインですが、それがいいと投稿者は思います(山メーカーのノースフェイスもシンプルでカッコいいですよね)

また、レディースモデルにもそこそこ力を入れているので女性にもお勧めできますね。

イメージ的に赤・黒などの派手な色が多い気がします。

 

続いては投稿者の友人『強肩の友人』がメインで愛用している『Cannondale(キャノンデールです。

高性能・高品質なアルミフレームを作ることに長けており、『カーボンキラー』というカッコイイ(と思いませんか?)異名でよばれています。デザインもカッコよく、価格も手ごろなので乗っている方をちょくちょく見かけます。

イメージ的に白・緑などの落ち着いた色が多いですかね。

 

最後はカーボン成型技術は最先端レベルを誇るTREK(トレック)です。

超軽量モデルを中心に展開していくことでも有名です。実績は勿論一流ですが、技術力の高さが有名で、使わなくなったカーボンバイクやパーツの再利用などにも力を入れています。デザインはシンプルで力強いこともあり、男性の愛用者が多いようです。

イメージ的に白をメインに黒・赤・灰色などを使用しています。

 

アメリカメーカーは各企業ごとにに2~3色の決まった色を中心に配色しているイメージが強いですかね。勿論本当はいろんな配色があるので選択肢は多岐にわたるんですよ?

 

また、デザイン的には『シンプルイズベスト』のイメージが強いのはどのメーカーも共通していますね。

無骨とでもいうのでしょうか。投稿者的にはこの無骨さがアメリカメーカーの最大の売りじゃないかなと思います。

 

『無骨』ってイメージがなんかカッコイイでしょ!!

(`・ω・´)

 

男らしいと言ったら女性からの反感を買いそうですが、投稿者の勝手なイメージなので怒らないでくださいね。

 

それでは、また('ω')ノ

 

 

 

まだ実家にいる頃に甥っ子との口喧嘩

 

実家にて

 

(甥っ子)

「おじさんの自転車ってどんなの?」

 

(投稿者)

「メッチャカッコいいぞー!!持ってきてやるから待ってろ」

 

自室から外に持ってくる

 

(投稿者)

「どうだ!!カッコいいだろ!!」

 

(甥っ子)

「え~??僕の自転車のほうがカッコいいよ」

 

(投稿者)

「なんだと!?よく見ろ!!おじさんのカッコいいだろ!?」

 

(甥っ子)  リアの飾りを指さして

「僕の自転車のほうがこことかカッコいいよ!!」

 

(投稿者)

「そんなの邪魔なだけだろ!?シンプルイズベストだ!!」

 

(甥っ子)

「何言ってるかわかんないよ!!僕の自転車のほうがカッコいいもん!!」

 

と、こんな感じで10分ほど口喧嘩をしてました。

最終的にはスプ〇トゥーンでの勝負になり、ぼろ負かしてやりました。

 

(;´・ω・)大人げないにもほどがある。