三十路のロードバイクや本などの趣味についての日記

三十路の男が引っ越しを切っ掛けに趣味のロードバイクと、時には好きな本について綴っていきます。

三十路がロードバイク始めました その7

ども、投稿者です。

最近寒暖の差があって体調を崩しがちです。

昨日は仕事帰りに雨に降られてしまい、若干怠いです。

 

(°▽°)風邪じゃないよ?だって〇〇は風邪を

         かないって言うからね!!

 

と、自虐ネタもそこそこに本題です。

ロードバイクに限らず、外出している時に急に雨に降られた時ってありませんか?

 

天気予報見ればいいのでは?という方もいると思いますが、人の予報なので勿論外れることもあります。

投稿者が日光に行った時も、一日中晴れの予報だったのにもかかわらず見事に降られました。

 

結構気持ち萎えますよね?

携帯などでも天気予報は確認できますが、四六時中そればかり確認するなんて、投稿者はごめんです。

 

というわけで、今回は雨が降るか前兆についてです。

 

まず「見て」わかることだと、雲が突然空に広がって行く時です。

大雑把にいうと、空気中の水分が上空で飽和状態になり、大気中に浮いてられなくなって降ってくる、ということみたいです。

大気中の水分が集まったものが雲なので、そこから雨が降るということです。

 

次に「感じて」わかることだと、急に冷たい風が吹く時です。

細かい原理はわからないですが、冷たい飲み物が入ったコップに水滴がつく原理と同じだと聞いたことがあります(本当かどうかはわかりません)。

 

投稿者もこれは体感しているので、多分信憑性はあると思います。

 

最後に「聞いて」わかることだと、虫の鳴き声が消えるときだそうです。

投稿者の父親の実家が地方の農村地帯なのですが、そこに住んでいる従兄弟から聞きました。

農家なのでこういったことにはかなり詳しいので、これも信憑性はあると投稿者は信じています(個人的に従兄弟と仲が良いということもありますけど...)。

 

突然の雨って皆さんとても困ると思います。ロードバイクに乗っている方々だと、サビの事も気になる方がいるかと思うので今回描いて見ました。

 

(΄◉◞౪◟◉`)一寸ネタに困ってたのもあるのです

                   けどね〜

 

オマケとして、生き物の反応です。

犬=なんとなく臭いが強くなる。

猫=建物の下に集まっている。

鳥=普段より低く飛ぶ。

 

なんかもあります。

 

参考になれば幸いです。